この記事へのコメント
サッカ−雑誌でこの試合の審判採点は「6」だったんですが全然納得できません。
出たカ−ドの枚数も少ないし、選手が審判に詰め寄る場面は皆無とはいえ、この日の太田主審には何度も文句を言いたくなりました。
まず判定基準が曖昧でした。どうしてそこでファ−ルを取るのか不明な場面の連続です。
腕が当たったのはファ−ルだけど、チ○コ掴みまくるのはファ−ルじゃないんですねえ。
そして前半、東京の鈴木規郎がシュミレーションでイエロ−カ−ドを出されました。録画でも確認しましたが、ぶつかられたか、百歩譲っても勢い余って転んだようにしか見えません。あれで審判を欺いたってことになるなら、後半、阿部が倒された時にもシュミレ−ションを取るべきでしょう。
さらに副審が旗上げてるのに気付かないで試合続けてたのが何度かありました。
だいぶ経ってから気付いて、半端なところで試合止めてドロップボールで試合再開。

カ−ド乱発したり、ゴ−ル取り消したり、意味不明のPK取ったりしないだけマシって考えるべきなんでしょうかね。
Posted by ゼファ−マ at 2005年11月16日 02:51
おっしゃっている通り、太田は運動量の極端に少ない審判として有名でして、自分の見えるところしかまともに笛が吹けません。ですから、カードは[見えてない」から、少ない。優秀な審判ではありません。ただ、前半のシミュレーションは、明らかにシミュレーションでしたよ。あそこまであざといと、さしもの太田くんでも、カードは出します。それと、コンタクトプレーは、おたくらノーキョーさんは、ちとやりすぎですね。SRだったら、何人が退場してるかもしれませんよ。逆に、太田でラッキーだったんじゃないですか。
Posted by とこしか at 2005年11月16日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9367870

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。