2005年11月08日

誤審なぜ起きる?(Asahi.com)

誤審なぜ起きる? Jリーグなどでルール適用ミス続出
 シーズン終盤を迎えたJリーグでは今年、審判の誤審に注目が集まっている。大きな判定ミスが続いたのをきっかけに、選手側には不信感が膨らみ、判定のたびに主審を取り囲むという悪循環が続く。誤審の背景や審判を取り巻く環境、日本サッカー協会とJリーグの取り組みを探ってみた。
相次いだ判定ミスはいずれもルール適用を誤った例だ。PKか、シミュレーションかを見極める判定のミスとは違い、反響を呼んだ。
posted by judgeman at 14:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何の結論もなく、事実を列挙しただけのくだらない記事に辟易です。ここでも、問題の深層には触れておらず、選手側の責任かのように読み取れるとは、情けない次第。「分業化」と「ルール変更による勘違い」といった極めて表層の部分に終始していては、本質は何も変わらない。「審判がプロの試合に対して臨む心構え」、という部分こそが重要であり、審判の思考パターンを形成する過程における教育プロセスや環境がいかに偏向しているかを、問い直す時期に来ているはずだが、こんなくだらない記事しか書けないブンヤがうじゃうじゃいると思うと暗澹たるものしか感じられない。記事にしただけ、の成果では、ちと悲しすぎる。
Posted by とこしか at 2005年11月08日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。