2005年11月03日

モットラム氏が退任

審判のモットラム氏退任へ…日本サッカー協会(Yomiuri-online)

 日本サッカー協会の川淵三郎会長は2日、協会チーフ審判インストラクターのレスリー・モットラム氏との契約を延長しない方針を明らかにした。

 モットラム氏は1996年に来日、Jリーグを中心に188試合で主審を務め、2002年から同職に就いていた。契約は今季で満了となる。

 後任については「とりあえず日本人でやる。ただ世界に常に接触し、体に(基準が)染みついている人は絶対に必要」と候補者選定を続ける方針を語った。

 川淵会長によれば、ワールドカップ(W杯)日韓大会決勝で主審を務めるなど世界最高と評されたイタリア人のピエルルイジ・コリーナ氏に要請したことを明らかにしたが、家族の事情を理由に断られたという。

posted by judgeman at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8908197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。