この記事へのコメント
前半早々の名古屋の選手のハンドの見落としから始まり、とにかく鈍牛のような緩慢な動きでポジショニングの悪さから、ことごとく「見落とし」
「勘違い」「プレーの邪魔」をし続け、あげくの果てに訳の分からないイエローの連発。こんな主審には、ボランティアでもプロの試合をさばいてほしくないと、心から思った。
Posted by とこしか at 2005年10月23日 12:18
>ポジショニングの悪さ
>「プレーの邪魔」

同感です。
ようするにヘタということですね。
Posted by village at 2005年10月25日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。