2005年09月07日

吉田主審のWC予選プレーオフについて[吉田寿光]

主審の誤審で再試合 W杯アジア予選5位決定戦=差替(スポーツナビ)

サッカーの競技規則では「プレーに関する事実についての主審の決定は最終」と定めており、主審のミスを理由とする再試合は極めて異例。

日本人主審のミスで再戦、W杯アジアプレーオフ第1戦(asahi.com)

1―0でリードしていたウズベキスタンが前半39分にPKを決めたが、ほかの同国選手がキックよりも先にペナルティーエリア内に入ったため、得点が認められなかった。ルールではPKのやり直しとなるが、日本人の吉田寿光主審はバーレーンに間接FKを与えた。

 攻撃側の選手がPKをける前に入ったケースで、GKが防いだりポストに跳ね返ったりした場合は守備側の間接FKとなるルールと混同したことを、同主審は認めている。

ルールの適用を誤っての再戦は極めて珍しく、日本協会の小川審判部長は「審判の決定は最終と規定しているサッカーの根幹に影響しかねない」と話しており、今後論議を呼びそうだ。

日本人主審誤審でW杯予選再試合(スポニチ)

 ウズベキスタンは1―0で勝ったが「試合結果を取り消し、3―0の認定勝ちにすべきだ」とFIFAに抗議。FIFAのW杯組織委員会は5日、緊急会議を開いて吉田主審の誤審は認めたものの、ウズベキスタンの要求は退け、両国に再試合を命じた。

 ▼川淵三郎・日本サッカー協会会長の話 本人のミスを責める気はない。だが、ウズベキスタンとバーレーンの両協会には申し訳なかった。迷惑を掛けてしまったと思う。

 ▼高田静夫・日本サッカー協会審判委員長の話 本来はPKのやり直しなので、本人も「勘違いがあった」と認めている。彼のミスだけでなく、周りの日本人審判(副審)たちが誰も指摘しないまま再開してしまったことが残念。

posted by judgeman at 10:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

審判について
Excerpt: やぁ。ところで、この問題について何らかの意見を持っている人たちって、自分で審判やったことあるんかな?オレはちなみに線審しかない(笑)それはそれで大変なんだけどね。テニスの審判もあるな。あれも結構問題が..
Weblog: 今夜も☆マルセイユルーレット
Tracked: 2005-09-09 14:09

吉田寿光スペシャル・レフェリー
Excerpt: 吉田寿光氏。本日(平成17年10月22日)のアルビレックス新潟 VS 横浜F・マリノスの試合の主審である。新潟のホームのスタンドの映像はチーム・カラーのオレンジ一色で見るものを心をうつ。地域に密着して..
Weblog: Naoko抄
Tracked: 2005-10-22 20:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。