2005年09月03日

[2005-22][横FM] 2-2 [名古屋][家本政明]

横FM警告(3):田中 隼磨(4-C1 / 次節出場停止・リーグ戦第23節) 大橋 正博(3-C2) 河合 竜二(4-C3 / 次節出場停止・リーグ戦第23節)
名古屋警告():古賀 正紘(C4,C4) ルイゾン(2-C1)
名古屋退場(1):古賀 正紘(CS / 次節出場停止・リーグ戦第23節)

------------------------------------------------------------------------------------
名古屋グランパス オフィシャル
Q:狙い通りの選手交代で勝ち点3を取れる目の前で最後に引き分けとなってしまいましたが、感想は?
A:最後にPKを与えて引き分けとなってしまった。あのPKを与えたシーン、レフリーの判定についてはコメントはしないことにはなっているが、言える事があるとしたら、厳しすぎたのではないかと思う。クロスに対するエリア内での守備で押さえた押さえないと言うことなら、グランパスにも同じような場面でPKをとってもらえるシーンがあったかと思う。

------------------------------------------------------------------------------------
Masato's Football Diary
家本政明氏の頭の中を覗いてみたい

* あれがファールだったら、サッカーという競技は成立しない

スロービデオを何度も観たが、おそらく競り合いの場面で古賀の手が中澤にかかっていたのは確認できた。しかし、中澤もそれを手で振り払っていたし、特に倒された訳でもない。

もし家本氏が激しさで有名なアルゼンチンリーグで笛を吹いたら、試合が終わる前に選手は退場で全員ピッチから消え去るだろう。



posted by judgeman at 00:06| Comment(1) | TrackBack(1) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家本は日本のサッカーを駄目にする審判だ!マリノスから現金を受け取っていた疑惑が浮上している!こんな人材は追放してもらいたい!
しっかり事情聴取すべきだ!
Posted by 酒井純也 at 2005年09月11日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

家本政明氏の頭の中を覗いてみたい
Excerpt: * 笛の瞬間、ピッチ上の時間が止まった 22節のFマリノスvsグランパス戦の決勝のPKの判定には、まさに空いた口が塞がらなかった。後半ロスタイムのFマリノスのフリーキックの場面、突然の笛。ピッチ..
Weblog: Masato's Football Diary
Tracked: 2005-09-06 22:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。