2005年09月01日

審判は神ではない(戸田和幸)

戸田和幸オフィシャルWEBサイト 8/27(土) 鹿島アントラーズ戦を終えて

(俺は、あの試合はJリーグが客に金を返さなきゃいけないんじゃないかと思う。選手がちゃんとやってるのに審判がゲームを壊してるんだから。)その場合の責任は誰が取るんだっていう話だよ。
それは難しい話だけど(笑)ただ選手がカードをもらって出場停止になったり、罰金払ったりしてるってことに対して、審判はどういうペナルティを受けるのかって言うところだよね。

うん。
審判は神でもないし、絶対でもないし。当然ミスもするだろうし。ただそれに対して何かしっかりとした罰則がないと、神になっちゃうよね。


お願い
このページは対談形式になっていて、それぞれは話の流れの中で成立しています。本文から引用はしていますが、できれば全文を読んで話を吟味してください。

posted by judgeman at 09:36| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戸田選手の言うことは信用できないなぁ。確かに尤もな事も言っているが、明らかなレイトタックルやラフプレイがありすぎる選手だからなぁ。

それとは別なんだけど、吉田さんは以前はもうちょっと空気を読んだというか、選手と対話して注意に止めたりイエローを抑えていた印象があるんだが最近はイエローを出しすぎな気がする。自分としては前のほうが良かったなぁ。モットラムに毒されたか?
Posted by fsl at 2005年09月02日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6437570

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。