2005年08月24日

[2005-20][浦和] 2-2 [神戸][野田祐樹]

試合詳細

浦和警告(1):岡野 雅行(1-C2)
神戸警告(1):金古 聖司(1-C1)

------------------------------------------------------------------------------------
fc japan 試合を流す野田主審

前半、アレックスが中盤でヴィッセルの選手2人をかわしたが、ボールを奪われてしまった。アレックスは守備に戻らずその場に倒れこみ、怪我を装いフリーキックをもらおうとした。 ファウルではなかった。アレックスは前半で交代してしまったが、その時に怪我をしたとは思えなかった。浦和サポーターのブーイングの中、野田主審はそのままプレーを続行させた。 その後プレーが止まった時、アレックスは主審に対して非常に腹を立てていたが、主審は正しかった。
(中略)
試合を見ていた野田主審はどの選手よりもフィットし、速かった。そして常にプレーに遅れることなく的確なポジションで的確な判断を下していた。



posted by judgeman at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。