2005年06月24日

提出された意見書への回答について

サガン鳥栖オフィシャル
対草津戦の意見書に対する回答について

--------(サガン鳥栖HPから引用)--------------------------------------------------------
日本プロサッカーリーグ 審判委員会の高田委員長から正式な回答書をいただくと共にJリーグからも説明を受けました。
(中略)
審判委員会からの回答についてJリーグ審判委員会は、国際サッカー連盟の考え方と方針に従って、試合における審判員の最終判定に対して正誤のコメントを行っていないというルールであり、審判員レベルアップの為に試合判定における質問を受け、回答する便宜をJリーグはJリーグ各クラブに図っているのであって、その内容は公開する為に行っていないとの事ですので、お伝えすることはできません。
(中略)
また、具体的内容は説明できないが審判委員会では、常に試合後の反省会を実施しており、厳しい処分や教育研修が行われているとの事でした。
--------(引用終了)-------------------------------------------------------------------



posted by judgeman at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥栖vs草津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。