2005年10月29日

[2005-29][大分] 0-1 [千葉][松尾一]

試合詳細

大分警告(5):深谷 友基(C1-7) 梅田 高志(C1-3) 吉田 孝行(C1-4 / 次節出場停止・リーグ戦第30節) 高松 大樹(C1-1) 松橋 章太(C1-1)
千葉警告(2):斎藤 大輔(C3-4 / 次節出場停止・リーグ戦第30節) ハース(C1-6)



posted by judgeman at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2005-29][神戸] 1-1 [新潟][穴沢努]

試合詳細

神戸警告(5):坪内 秀介(C2-2)マルティン(C2-4)佐伯 直哉(C1-6)田中 英雄(C2-1)遠藤 彰弘(C1,C1)
神戸退場(1):遠藤 彰弘(CS / 出場停止・天皇杯4回戦)
新潟警告(0):なし

posted by judgeman at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2005-29][名古屋] 1-2 [清水][山西博文]

試合詳細

名古屋警告(0):なし
清水警告(1):高木 和道(C2-3)

posted by judgeman at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2005-29][磐田] 1-3 [広島][吉田寿光]

試合詳細

磐田警告(1):西 紀寛(C2-6)
広島警告(3):ジニーニョ(C2-7) ガウボン(C2-2) 佐藤 寿人(C2-1)

posted by judgeman at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2005-29][横FM] 1-0 [東V][扇谷健司]

試合詳細

横FM警告(3):上野 良治(C1-2) マグロン(C5-1) グラウ(C1-1)
東V警告(1):戸川 健太(C1-4)

posted by judgeman at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2005-29][柏] 1-2 [大宮][砂川恵一]

試合詳細

柏警告(2):薩川 了洋(C2-3) 大野 敏隆(C2-3)
大宮警告():ディビッドソン 純マーカス(C2-9) トゥット(C3-4 / 次節出場停止・リーグ戦第30節)

posted by judgeman at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[2005-29][浦和] 3-2 [川崎][家本政明]

試合詳細

浦和警告(5):山田 暢久(C1-5) 酒井 友之(C1-2) 長谷部 誠(C1-7) マリッチ(C3-2) 都築 龍太(C2-4 / 次節出場停止・リーグ戦第30節)
川崎警告(5):佐原 秀樹(C1-4 / 次節出場停止・リーグ戦第30節) 箕輪 義信(C2-5) 久野 智昭(C1-4 / 次節出場停止・リーグ戦第30節) 長橋 康弘(C2-1) 原田 拓(C2-3)
川崎退場(1):都倉 賢(S2 / 出場停止・天皇杯4回戦)

------------------------------------------------------------------------------------
【J1:第29節】浦和 vs 川崎F:関塚隆監督(川崎F)記者会見コメント [ J's GOAL ]
「非常に残念に思う。選手が帰ってきてかける言葉がなかった。僕自身はこのチームの指揮をとれて誇りに思う。それがすべて。我々は勝とうとして持っているものすべてを出したが、我々を勝たせてくれない何かが働いていたと思う」

------------------------------------------------------------------------------------
浦和GK、都築選手のコメント(朝日新聞より)
リーチになってから自分の気持ちを抑えてきたつもり。でも、今日は自分を止められなかった。あれを止められる人がいたら教えてほしい。
(省略)
他の人から見たらこのカードもいらないものだと思うし反省している。

------------------------------------------------------------------------------------
川崎 Jリーグと“戦う”
審判ミス認めるだけじゃ許さん!納得いく具体策出せ

ジャッジの真意を問うだけではなく、今回のようにミスジャッジで勝敗が左右された場合、Jリーグはどう対応するのか回答を求めるなど、強硬な姿勢を示すという。各クラブから不満が続出する判定問題に対し、一石を投じる覚悟だ。

------------------------------------------------------------------------------------
Masato's Football Diaryから
「主審のジャッジも国民性が反映」
サッカーのスタイルにも国民性が強く反映されるのと同様に、サッカーの審判のジャッジにも国民性が反映されるようだ。日本のジャッジは、良くも悪くもルールブックに厳密。悪く言えば、杓子定規で融通の効かない日本人の特性を反映している。もちろん、タックルがボールより相手選手の身体に先に触れたらファールだし、相手を抑えたりした場合にはファールだろう。

しかし、これを超厳密に取っていたら、果たしてサッカーとして成立するだろうか。現実問題、相手の身体にまったく触れずにボールにタックルに行くことは極めて難しい。また、セットプレーの場面などで、まったく相手の身体に触れずにマークしたり、競り合うことも難しい。

ファールをとるべきは、意図的に相手の身体を狙ったタックルとか相手のボールにプレーする意志なく相手の身体を抑えたりする場合ではないだろうか。もちろん、このあたりの判断は非常に微妙なのは理解できるが、最近の”微妙な判定”を見ると、ルールの運用基遜に疑問が湧いて来るのも事実。

posted by judgeman at 00:01| Comment(32) | TrackBack(7) | 審判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。