2005年09月01日

試合の流れを守る野田審判

FC JAPAN A view from a Brit 試合の流れを守る野田審判

駒場スタジアムで行なわれた浦和対神戸戦。主審は30歳の野田祐樹氏だった。
その試合での彼のジャッジは、試合をいかにして止めないで進行させるか、厳しいタックルとファウルをいかにして区別するか、時間稼ぎをしようとする選手達の心理をいかにうまく読むかなど、まさに教科書通りの内容だった。

前半、アレックスが中盤でヴィッセルの選手2人をかわしたが、ボールを奪われてしまった。
アレックスは守備に戻らずその場に倒れこみ、怪我を装いフリーキックをもらおうとした。
ファウルではなかった。アレックスは前半で交代してしまったが、その時に怪我をしたとは思えなかった。浦和サポーターのブーイングの中、野田主審はそのままプレーを続行させた。
その後プレーが止まった時、アレックスは主審に対して非常に腹を立てていたが、主審は正しかった。

(中略)

ヴィッセルの佐伯が右ウィングのポンテを掴んだ。野田主審はしっかりとファウルを見ていたが、レッズのアドバンテージを取り、そしてアドバンテージがなくなった時点でようやくホィッスルを吹いた。
これも彼の素晴らしいジャッジ。どちらのチームも文句のつけようがない。


posted by judgeman at 14:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

審判は神ではない(戸田和幸)

戸田和幸オフィシャルWEBサイト 8/27(土) 鹿島アントラーズ戦を終えて

(俺は、あの試合はJリーグが客に金を返さなきゃいけないんじゃないかと思う。選手がちゃんとやってるのに審判がゲームを壊してるんだから。)その場合の責任は誰が取るんだっていう話だよ。
それは難しい話だけど(笑)ただ選手がカードをもらって出場停止になったり、罰金払ったりしてるってことに対して、審判はどういうペナルティを受けるのかって言うところだよね。

うん。
審判は神でもないし、絶対でもないし。当然ミスもするだろうし。ただそれに対して何かしっかりとした罰則がないと、神になっちゃうよね。


お願い
このページは対談形式になっていて、それぞれは話の流れの中で成立しています。本文から引用はしていますが、できれば全文を読んで話を吟味してください。

posted by judgeman at 09:36| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。